スマートフォン解析

SEALDsのラッパー、安保法案可決で発狂

150_1
所要時間:約27

昨日の安保法案可決によりSEALDs所属のJラッパーが暴れていることが話題になっています。

彼らは激しく反対してきましたから、なにかしらのアクションがあるだろうとは予想はしていましたが、まさかここまで発狂といいますか、行動にでるとは思いませんでした。

スポンサーリンク

今回のSEALDsの行動

150_3

「デモの中でのラップ」自分の訴えをラップに乗せて歌っているようですね。

今にも怒りのボルテージがはちきれんばかりの歌詞なのでしょうが曲を待っている間静かに待っている様子がなんとも言えない気持ちになります。

ラッパーの彼の発言、行動

一般人目線での今回のこのラッパーの行動は、子供が思い通りにならなく駄々をこねているようにしか見えないとの意見が寄せられています。

この発言については彼本人のツイッターアカウントでつぶやかれているのですが「これ以上おれにポエム書かせるな、○すぞ」といった内容をツイートしているところからきているのだと思います。

※不適切な表現のため伏字にしています。

SEALDsとしての発言

彼らは依然、「中韓が攻めてきても一緒に酒飲んで仲良くなってやるよ!それが抑止力だろ!」と発言していたのですが、今回の発狂の件で自分の中にも抑止力ないとドストレートに突っ込みを入れられてます。

今回の話題のラップ動画、私も拝見してみたのですがラップが聞き取れません。

ラッパーとしての彼の腕前といいますか力量が気になります。

もっといい方法が

150_2

ラップではなくとも実際に国に意見を伝えるもっといい方法があるはずだと私は思いました。

毎回、毎日のようにデモを繰り返されていては国はそれこそ相手にしなくなりますよね。

彼らはまだまだこれからの年代なのですから若気の至りといわず、もっと深く考え身長に行動すべきだと思いました。

これからの予想

SLEADsの活動がどこまで続くのか、私の予想では実際に自衛隊の方々が海外に派遣されるようになるころには彼らはもう行動していないと思います。

ただ、彼らのように意識を共にする団体がやりかたはともあれ行動を起こすのはいいことだと私は思いました、日本人はすこし遠慮しがちなので(笑)

まとめ

SEALDsが安保法案が可決したことにより行動がより一層目立つようになったという記事でしたね。

ラップを使って自分たちの訴えを国に、国民に伝えようとするのは若者らしいとも思いましたが、子供のわがままだと思わせるような発言も多かったですのでいい意味で成長してほしいです。

スポンサーリンク

シェアよろしくお願いします!

スポンサーリンク