スマートフォン解析

LCCを利用するときはしっかりとした事前チェックを!

159
所要時間:約255

今年のシルバーウィークは6年ぶりの5連休ということもあり、各地で渋滞や観光などが話題になっています。

そんな中、少々ひやりとするニュースが目に入りました。ジェットスター航空が成田空港を離陸して間もなく、異臭がするという理由で引き返したというものです。

幸い乗客などにケガなどはなく、2時間後に再出発をしたそうですが、LCCと呼ばれている航空会社には、トラブルが多く見られます。

スポンサーリンク

LCCとは

LCCとは、英語の「Low Cost Carrier」、その頭文字から「LCC」(エル・シー・シー)と呼ばれる、従来の航空会社で行われていたサービスを簡素化、運行の効率化、運行費用の徹底した削減などを行い、低価格の運賃を実現している、「格安航空会社」のこと。

[引用:LCCとは? LCC・ガイド

運賃は安くて魅力的だが、サービスには期待できない

LCCを利用したことのある人達の口コミを見てみると、運賃が安くなる分、サービスに関しては最初から期待していない人が多くいるようです。

ただ、荷物の紛失や手続きのミスといったトラブルへの対応の評価は非常に低いものとなっています。

とくに今回問題となったジェットスター航空は、その側面が強いようで、あまりいい評価を得ていません。

また機体トラブルも多くあるようで、引き返すことは日常茶飯事のようです。

高いサービスを求めるなら大手航空会社の利用を

また、ジェットスター航空はLCCとされていますが、チケットを取得する時期によっては、大手航空会社と大きな差がなく、それでいて低品質のサービスであることも評価を下げているようです。

確かに大手航空会社と同じ料金を支払うならば、LCCという看板は外すべきでしょう。

ユーザーが期待しているのは低コストであって、高コスト低サービスではないのです。

高いサービスを求めるならば、そこはやはり大手航空会社を利用するのが良いでしょう。

チケットの予約からキャンセル時の対応、トラブル発生時の対応などは比べるまでもありません。

LCCを提供している航空会社を利用するときは、しっかりと事前チェックを

現在、日本国内でLCCとして就航しているのは、ジェットスター航空、バニラエア航空、ピーチ航空の3社です。

バニラエア以外の航空会社は基本的に海外の企業ですので、国内で提供されているような高品質のサービスを求められませんし、スタッフによっては日本語での対応ができないこともあるようです。

外国からの観光客は、日本に来たときに接客サービスの品質の高さにまず驚くことが多いと聞きます。

逆に言うと、私たちにとって他国の接客サービスは品質が低い、とも言うことができます。

何かトラブルが発生したときに大手の航空会社が当然にしてくれる対応もLCCでは期待することはできません。

LCCを利用するときにはどのようなことに注意したら良いのか、さまざまなサイトで見かけるようになりましたので、それらのサイトを積極的に利用して、しっかりと事前チェックを行ないましょう。

また、海外生活を経験した人が身近にいるのでしたら、接客サービスはどのようなものなのかを予め聞いておくと、トラブルが起きたときに自分がどのように動けばいいのか参考になるかも知れません。

私たちは、低コストでかゆいところに手が届くサービスに慣れてしまっていますが、グローバル化が進んでいる現在では、必ずしもそうではないことを念頭においておきましょう。

スポンサーリンク

シェアよろしくお願いします!

スポンサーリンク