スマートフォン解析

望月重良が語る! 2000年のアジアカップ、当時の日本代表は“歴代最強”の呼び声が高く「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」

199
所要時間:約36

今では海外でプレイするサッカー選手が当たり前のように登場していますが、2000年代に入るまではまだ数は少数でした。

そんな中で、中田英寿がイタリアで大活躍し、その後を追って多くの日本人選手がヨーロッパ各国でプレイしています。

主に名古屋グランパスで活躍して、現在はSC相模原の代表を務める望月重良が、今までプレイした選手の中で別格であった選手を3名ピックアップしています。

スポンサーリンク

名波浩は古き良き10番?

主にジュビロ磐田で活躍した名波浩は、1998年フランスワールドカップでも背番号10を背負いプレイしています。

その後、1999年にイタリアのベネチアに移籍したものの、全くと言っていいほど結果を残せず、1シーズンでジュビロに復帰します。

日本代表では中田英寿の影に隠れていた印象で、まだ現役バリバリであったタイミングで代表引退していることもあり、少しインパクトに欠ける印象を受けますが、間違いなく日本の10番といえば名波を思い浮かべる人が多いですね。

世界的なフリーキックの名手!中村俊輔

現在でも横浜F・マリノスで活躍中の中村俊輔ですが、桐光学園時代からその才能は高く評価されていて、マリノス入団後も新人賞を獲得する活躍を見せて、1998年には日本代表に選出されています。

ただ、中村俊輔のハイライトは2002年の日韓ワールドカップでしょう。

実力的にはメンバー選出は間違いなかったものの、怪我によるコンディション不足などを理由に、当時の監督であるフィリップ・トルシエの眼鏡に叶うことなく落選します。

それを糧に、イタリアのレッジーナに移籍し、2005年にはスコットランドの名門セルティックに移籍します。

ここでの活躍は言うまでもなく、得意のフリーキックを武器に、チャンピオンズリーグの舞台でマンチェスター・ユナイテッド相手にフリーキックを決める活躍を見せています。

ただ、2009年にスペインのエスパニョールへ移籍しますが、全くと言っていいほど活躍できず、マリノスに復帰を選びます。

ちょうどこの頃、2010南アフリカワールドカップが開幕し、残念ながら出場はオランダ戦のみとなり、この大会をもって日本代表を引退しています。

真の天才!小野伸二

日本には多くの天才と呼ばれる選手がいましたが、歴代最高の天才は間違いなく小野伸二でしょう。

高校生時代には静岡学園全盛期で選手権出場はかなわなかったものの、ユース年代の代表では常にエースとして活躍していました。

特に、高原直泰とのコンビで多くのゴールを演出し続けていました。

その後、当時まだ弱小のイメージが強かった浦和レッズに入団し、デビュー年からいきなり活躍し、1998フランスワールドカップのメンバーにも選出され、ジャマイカ戦で日本のワールドカップ最年少出場記録をマークしています。

その後、1999ワールドユースで準優勝の原動力となるものの、7月に小野のその後の人生を決定付ける負傷を負います。

その後も日本代表やフェイエノールトと言った名門クラブでもプレイするものの、コンスタントな活躍ができない日々が続いてしまいます。

特に、2006ドイツワールドカップでは戦犯扱いを受けるなど、次第と代表からも離れていきます。

現在は、オーストラリアから日本のコンサドーレ札幌に移籍し、同年代の稲本潤一と主にプレイしていますが、怪我の影響で満足にプレイ出来ていないのが実情です。

この3人の中で上手いのは誰?

今回取り上げた3名の中で一番うまいのは、間違いなく小野伸二です。

ただ、サッカーの試合の中で効果を発揮できる技術は中村俊輔の方が上であると見ます。

特に、フリーキックは今でも錆びついていませんしね!

スポンサーリンク

シェアよろしくお願いします!

スポンサーリンク