スマートフォン解析

iPhone6s、docomo以外は10万円以上のため割賦審査あり!低所得者の審査落ち相次ぐ

341
所要時間:約612

SoftBankやauのiPhone6sやiPhone6s Plusを予約したものの、割賦審査が通らず断られるケースが相次いでいます。

これはSoftBankとauの一括購入価格が10万以上となるために起きているトラブルです。

詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク

3社の金額を比較

価格の比較をしてみると下記のようになります。

iPhone6s 新規・MNP

※横にスクロールできます。

SoftBank docomo au
GB 16 64 128 16 64 128 16 64 128
一括 93,600 106,560 119,520 93,312 99,792 99,792 84,240 97,080 109,920
月割引 2,835 2,835 2,835 3,456 3,186 2,646 2,840 2,840 2,840
実質 15,552 28,512 41,472 10,368 23,328 36,288 16,080 28,920 41,760

iPhone6s 機種変更

※横にスクロールできます。

SoftBank docomo au
GB 16 64 128 16 64 128 16 64 128
一括 93,600 106,560 119,520 93,312 99,792 99,792 84,240 97,080 109,920
月割引 2,835 2,835 2,835 2,808 2,538 1,998 2,435 2,435 2,435
実質 25,560 38,520 51,480 25,920 38,880 51,840 25,800 38,640 51,480

iPhone6sPlus 新規・MNP

※横にスクロールできます。

SoftBank docomo au
GB 16 64 128 16 64 128 16 64 128
一括 106,560 119,520 132,480 99,792 99,792 99,792 97,080 109,920 122,760
月割引 2,835 2,835 2,840 3,186 2,646 2,106 2,840 2,840 2,840
実質 28,512 41,472 54,312 23,328 36,288 49,248 28,920 41,760 54,600

iPhone6s Plus 機種変更

※横にスクロールできます。

SoftBank docomo au
GB 16 64 128 16 64 128 16 64 128
一括 106,650 119,520 132,480 99,792 99,792 99,792 97,080 109,920 122,760
月割引 2,835 2,835 2,840 2,538 1,998 1,458 2,435 2,435 2,435
実質 38,520 51,480 64,320 38,880 51,840 64,800 38,640 51,480 64,320

ご覧のように、docomoは全てが10万円以下ですが、他2社は10万円以上の商品があるのがわかりますね。

割賦審査とは

既に持っているカードではなく、商品の購入時に結ぶ都度契約のクレジット契約を「個別クレジット」と言います。

割賦販売法により、10万円以上の商品を分割で支払う場合、「支払可能見込額調査」が行なわれます。

クレジットカードの審査のようなもので、要するに長期にわたって支払が可能かどうかを審査されるのです。

計算方法は以下の通りです。

支払可能見込額=年収-法律で定められた生活維持費-クレジット債務

※生活維持費―1人世帯の場合90万~116万、2人世帯の場合は136万~209万

法律では「10万以下の生活に必要な耐久消費財を店頭で購入する場合は、支払可能見込額調査をしなくてもよい」ということになっています。

また、それ以上の額でも、クレジットカード会社が利用希望者を調査し、支払可能見込額を超える利用も可能とされています。

今回、docomoは6sと6s Plusすべてが10万円以下。

それに対し、auとSoftBankは10万円を超えるものが多く、特にSoftBankは6sの16GB以外はすべて10万円以上。

そのため、個別クレジット審査対象となり、この審査に引っかかってしまう人が続出しているようです。

もちろん、docomo商品を購入するにしても、法律では「10万円以下の場合は支払可能見込額を審査しなくても良い」と言っているだけで、審査をしないとは限りません。

現在のところはそのような事態にはなっていないようですが、今後auやSoftBankの審査に漏れた人達がMNPでdocomoに殺到するような事があれば、10万以下でも審査対象とされる可能性もあるでしょう。

それにしても、割賦審査の事をきちんと計算に入れて販売金額を決めたdocomoはさすがです。

実際にiPhone6sや6s Plusを2年間使用した場合の料金は、実はSoftBankが一番安くなると言われています。

ですが本体を購入できなければ意味がありません。

同レベルの使用方法・使用頻度で試算すると、docomoは2年間使用した場合の料金は一番高くなります。

とはいえSoftBankと比較すると月200~300円程度ですので、24か月として約7,000円。

本体価格の差が2~3万円近くですから、docomoがすべての点で一番お得という事になりますね。

ただし試算はあくまで試算、人によって使い方は色々です。

サポートの面などもよく比較検討し、メーカーや購入方法を決めましょう。

スポンサーリンク

シェアよろしくお願いします!

スポンサーリンク