スマートフォン解析

アルコール摂取でこれだけのリスクが! お酒と上手に付き合う方法は?

699
所要時間:約78

これからのシーズン、お酒を飲む機会がぐっと増えますね。

お酒に弱い人はもちろん、強い人でも連日連夜の酒盛りはだんだんつらくなって来るはず。

特に最近はアルコールが原因で亡くなったと思われる芸能人もいて、ちょっと不安ではありませんか?

アルコールについて、まとめました。

スポンサーリンク

アルコールは体内でどうなるか?

アルコールを飲むと、その20%は胃から、あとの80%は小腸上部から吸収され、血液を通して全身に回ります。

回っているアルコールは殆どが肝臓でアセトアルデヒドに変化し、更に酢酸(アセテート)に分解されます。

酢酸は血液を通してまた全身を回り、筋肉が主体となって更に分解されます。

最後に水と二酸化炭素に分解され、排泄されます。

ところが、飲んだアルコールがすべてこのように分解される訳ではなく、多少は汗や尿、息に分解されないままで出て来ます。

「酒臭い」と言われるのはこのためです。

この過程中に、アルコールを含んだ血液が脳に達し、神経細胞を麻痺させます。

それが「酔った状態」です。

特に理性を司る大脳皮質が麻痺することによって、それまで抑えられていた本能や感情が出やすくなります。

更にアルコールが回り小脳に達すると、千鳥足などの運動麻痺が出て来ます。

その先は、記憶の中枢である「海馬」が麻痺し、ブラックアウト状態になり、更に呼吸中枢まで麻痺すると死亡します。

平均的に見ると、60kgの人が30分以内にビールなら中びん1本(500ml)、日本酒なら1合、ワインなら180ml飲んだ場合、それが体外に排出されるまでに3~4時間かかります。

宴会などで使うグラスは250ml位ですから、30分以内にビールを2杯飲んだら、抜けるまでに3時間以上かかる計算です。

焼酎の場合、アルコール度数が25度の場合は約100mlで同じレベルです。

アルコールが及ぼす悪影響

①発がん性

これまでも言われて来ましたが、上記に書いたように、アルコールは小腸上部で「アセトアルデヒド」に変化するのですが、これが非常に毒性が強いことがわかっています。

アセトアルデヒドはアルコールが酸化したことによって出来るものですが、その他人工的にも多く製造されています。

車の排気ガスやタバコの煙などに含まれており、大気汚染の原因となっています。

また、シックハウス症候群を引き起こすとも言われています。

肝臓はこのアセトアルデヒドを無害な酢酸へ変化させる機能がありますが、人種や体質によってこの機能に差があります。

日本人の半数はこの機能が弱いか欠けていると言われ、アセトアルデヒドが体内に残りやすいのです。

アセトアルデヒド量が体内に多く残っていると、がんに罹るリスクが高くなるという事は既に多くの研究で明らかになっています。

WHOでは飲酒によって起こるリスクが高くなるがんとして、喉頭がん、口腔がん、咽頭がん、食道がん、肝がん、大腸がん、乳がんを上げています。

川島なお美さんが患った肝内胆管がんは肝がんの一種です。

②依存性

アルコールは麻薬、覚せい剤、コカイン、睡眠薬などと同様、一種の薬物です。

その禁断症状の強さはニコチンやコカイン以上である、とアメリカ国立薬物乱用研究所が発表しています。

薬物依存症の最も怖いのは、「完治することのない病気」だという事です。

たとえ断酒しても、ほんの少しの再飲酒で元の依存症に戻ってしまいます。

アルコールには飲酒を要求・欲求する「強化作用」と呼ばれる作用があり、アルコール依存症は脳の病気なのです。

③合併症

アルコールには種々の合併症があることが知られています。

主な物は以下の通り。

肝臓病

脂肪肝、アルコール肝炎、肝硬変と進行して行きます。

肝硬変になってしまったら最後、肝臓移植しか治る手立てはありません。

糖尿病

アルコール依存症患者には糖尿病を発病するリスクが非常に高いことがわかっています。

臓器障害などにより死亡する確率が非常に高くなります。

うつ病

約半数の依存症患者が、うつ病などの精神疾患を患います。

飲酒して気分が高揚している時を普通の状態と感じるようになり、アルコールが切れると高揚感がなくなるため、落ち込んでしまうのです。

吐血

アルコール性胃炎―アルコールによって胃が刺激されるため、胃の中はうっ血状態になっています。

これが続くと吐血する事があります。

マロリーワイス症候群―飲酒によって嘔吐すると食道に圧力がかかり、食道と胃の間の粘膜が破れて出血します。

食道静脈瘤―肝硬変やアルコール性肝炎が悪化すると、食道の粘膜の下にある静脈がでこぼこになります。

この瘤が破裂すると吐血します。

脳萎縮

飲酒を長く続けると、大脳や小脳が縮むことがわかっています。

大脳の場合、特に前頭葉と呼ばれる脳の司令塔が壊されてしまいます。

それによって思考力や判断力が低下し、廃人のようになって行きます。

小脳が縮むと足元がふらついたり、ろれつが回らなくなります。

断酒しても後遺症が残る場合が殆どです。

④寿命低下・自殺率上昇

肝硬変の末期まで行ってしまうと、余命は5年以内と言われています。

ドイツでの研究によると、アルコール依存症患者は平均すると約20年寿命が短いと言われています。

日本での研究でも、平均寿命は52歳という結果が出ています。

また、自殺予防総合対策センターによると、自殺者の23%が、自殺する前1年以内にアルコール問題を抱えていた、という結果が出ています。

⑤中性脂肪促進

肝臓にアルコールが入ると、中性脂肪が多く作られてしまいます。

それを分解し排出するには24時間かかると言われています。

毎日アルコールを摂取していると排出しきれなくなり、中性脂肪が肝臓に少しずつ溜まっていってしまいます。

⑥筋肉の合成を阻害

男性ホルモン(テストステロン)は、アルコールが体内に入ると分泌量が減ってしまうことが実証されています。

更に、筋肉を分解する作用のあるコルチゾンという成分が分泌されるため、どんどん筋肉がなくなってしまうのです。

⑦ハゲる・薄毛になる

髪の毛の元となるタンパク質を合成するアミノ酸を化学反応させ、育毛を促進する成分に「ビオチン」があります。

このビオチンはアルコールを分解する作用があるのですが、そのために使われてしまうとビオチン欠乏症となり、ハゲや薄毛の原因の一つになります。

どう飲めば悪影響を防げるのか?

空腹時に飲むと、早く酔いが回る事は知られています。

これは、アルコールが食道から胃に入った時に何も入っていないと、素通りして小腸に行ってしまうからです。

胃からの吸収に比べ、小腸からの吸収の速度が速いため、血中濃度が一気に上がるのです。

特にアルコール度が強いと、吸収の速度が早くなると言われています。

ですから、アルコール度数をあまり高くしない事と同時に、まずつまみなどを胃に入れてからゆっくり飲酒するようにしましょう。

胃での吸収速度が遅くなるため、血中濃度が一気に上がることがなくなります。

胃に入れるものは何でもかまいませんが、できればタンパク質を摂ることが良いとされています。

直前にチーズ一かけら摂れば充分。

牛乳でも良いのですが、水分だと胃に留まっている時間が短いため、できるだけ固形物で摂るようにしましょう。

そんな時間がなかった、席についたらすぐ乾杯だった、などという時は、できるだけ口の中に長く入れておいて、唾液をたくさん出して混じらせるようにしましょう。

これは、体に「これからアルコールが入るぞ」という信号を与える事にもなります。

なお、顔が赤くなることとお酒の強さは関係ありません。

アルコールに強いか弱いかは、遺伝子によって既に決まっています。

顔が赤くなることを「フラッシング」と言います。

これはアルコールがアセトアルデヒドになり、更に無害な酢酸に変化していく過程で起こります。

アセトアルデヒドから酢酸に分解する能力がない、あるいは弱い場合に顔が赤くなります。

アセトアルデヒドの悪影響については上の「アルコールが及ぼす悪影響 ①発がん性」に書いてありますので、再読して下さい。

顔が赤くなっても酔わない、という人も多いと思いますが、アルコールには強くても発がん性物質がどんどん体内に溜まっているのだ、ということを忘れないようにして、適度に飲むようにして下さいね。

スポンサーリンク

シェアよろしくお願いします!

スポンサーリンク