スマートフォン解析

バレンタインデーの義理チョコは迷惑? それとも嬉しい? 男女のホンネについて

796
所要時間:約44

2月14日、バレンタインデー。「義理チョコ」なんて、もうしなくてもいいのでは?と思っているのはきっと女性だけではないと思うのです。

そこで、毎年【義理】を示している女性。【義理】と知りつつチョコを受け取っている男性の本音について書いてみました。

スポンサーリンク

そもそも、バレンタインデーの由来って?

ローマ帝国の皇帝・クラディウス2世は、妻を故郷に残してきた兵士が軍にいる士気が下がるという理由で兵士の婚姻を禁止したのですが、秘かに兵士の結婚の仲介をしていた「ウァレンティヌス」という名のキリスト教の司祭がいたのです。

皇帝の命に背いたこの司祭が処刑されたのが、今の2月14日にあたり、この日を「恋人の日」とする風習が生まれたとされています。

ウァレンティヌス…ヴァレンティヌス…バレンティン…バレンタイン…というわけです。(強引…)
※上記は一つの説であり、他にも諸説ある。

好きな人にチョコを贈るという習慣は日本だけ?

各国でも恋人や、お世話になったという人にチョコを贈る事はあるのですが、女性→男性に決まっているというわけではありません。

また、チョコを贈るのは2月14日に限ったことでもありません。

と、考えれば恋人でもない人に贈る「義理チョコ」も、近年流行する女性同士で贈り合う「友チョコ」も、決しておかしいことではないのです。

お菓子会社の陰謀って本当?

「愛する人にチョコを贈る」という風習を広めたのは、企業の陰謀であるという話を聞いたという人も多いのではないでしょうか?

その「陰謀」を最初に企てた企業については「神戸のモロゾフ本店」「森永製菓」などが広告に使ったキャッチコピー。

また、老舗百貨店の「伊勢丹」が企画したバレンタインフェアがきっかけ…など諸説あります。

ともあれ、日本で1年の内の約2割のチョコが2月14日に消費するといわれる程の国民的行事に定着した背景には、製菓会社や小売業者の影響がある事は明白なのです。

【義理チョコ】は迷惑か?

【義理チョコ】と分かっていて貰っても、ちっとも嬉しくないという男性も多いかもしれません。

あげるほうの女性にとっても【義理チョコ】は迷惑だという人も多いかもしれません。

考えてみて下さい、「お歳暮」やら「お年始」やらで「義理」は十分示したはずなのに、それから何ヶ月もたたない、2月14日にまた「義理」を示さねばならないのです。

それも女性の方が先に、です。そんな「レディファースト」なんぞいらない。と私の様に思う女性は多いのではないでしょうか。

「3月14日のホワイトデーにはちゃんと俺たちもお返ししてるじゃないか」と男性の方は言うかもしれませんが、あなたの職場の男女比を少し考えてみて頂きたいのです。

あくまでも一般的に言うと、女性の方が少ないのではないでしょうか?

とすれば、当然女性1人当たりが「義理チョコ」にかける経費の方が、男性が「お返し」にかける経費よりも多くなってくるのです。
(それが3月14日の「お返し」は3割増しで、といわれる所以なのですが)

それなのに、男性はホワイトデーのお返しを買いに行く役回りをする事になった人が会費を集めに来た時にこんな事を言うのです。

「あ、そうか…もう面倒だな…これ、来年からやめにしないか?」と。

あの…別にそう思っててもいいのですが、女性がいる前で言わないほうがいいですよ。

さてここまで読んできて男性にとっても女性にとっても「義理チョコ」なんて、やっぱり煩わしいものでしかない。

という思いを強くしたあなた、今度は「義理チョコを贈る必要がない」という環境について考えてみましょう。

【コラム】義理チョコのない世界

男性は、女性がいない職場に勤めているという事を想像してみて下さい。

または、学生時代の頃を思い出してみて下さい。

そういう環境では「義理チョコ」を贈られるという事はありませんよね。
(当然、3月14日のホワイトデーに「お返し」をする必要もないのですが)

男性の方、義理チョコも貰う事無く、2月14日、仕事を終えて家に帰る…ってちょっと物悲しくなってきませんか?

女性の方には、私の実体験をお話したいのですが、私、実は以前勤めていた出版社が倒産したことがあるのですが…。

「義理チョコをあげる必要もない2月14日」って結構…きますよ(笑)

まとめ

「面倒臭いなー」と思いつつも「義理」と言いつつも、その中に「いつもありがとう」という気持ちも(ちょっとは)入ってるのです。

私は、好きだという気持ちを伝える事は、バレンタインデーじゃなくてもできると思うのです。

むしろバレンタインデーはそういう「ありがとう」の気持ちをまわりの人に示す日だと考えてみればこういう風習も日本的でいいのでは?

と思うのですが、いかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアよろしくお願いします!

スポンサーリンク