スマートフォン解析

『ひなまつり』の由来って何? あなたは子供に説明できますか?

823
所要時間:約336

プレイベートな話ですが、私が3姉妹で一番末っ子でして、私だけではなくこういった境遇に置かれた人たちが1年のうちで一番びみょーな感じのする日があります。

その日がいつかというと…3月3日です。

え?その日って「ひなまつりの日」で「女の子の日」なんでしょ?「じゃあ、いいじゃん」という風に思った方、まだ、甘いです。

その日に飾られた「お雛様」は私の為に買われたものじゃないんです。

初孫だった一番上のお姉ちゃんがお爺ちゃんに買ってもらったものなんです。

「あーあ、私が男だったら、私の為に武者人形とか鯉のぼりとか買ってくれたはずなんだけどな」って子供の頃よく思ったものです。

重ねて言いますが、これは私だけじゃなく「姉妹あるある」なんです。

さて、そんな昔話はおいといて「ひな祭りの日」について色々と書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ【3月3日】は休日じゃないの?

よく「3月3日は女の子の日で休みじゃないのに、5月5日はなぜ休日なんだろう?」「これって女性差別じゃない?」という意見があります。

この意見って当たってるのでしょうか?

では、そもそも3月3日のひなまつりの日の由来について説明すると…。

旧暦の3月3日は、江戸時代の※「五節句」の一つとして定められ、重要な年中行事になりました。

※1月7日の「七草の節句」、3月3日の「桃の節句」、5月5日の「端牛の節句」、7月7日の「七夕」、9月9日の「重陽の節句」

もともと3月3日は女の子のためのお祭りの日ではなく、邪気が入りやすい季節に「穢れ」を祓うための儀式を行う日だったそうです。

私が「これ、私の為に買われたものじゃない」とコンプレックスを持った「お雛様」の由来もその「穢れ」を人の身代わりにして川に流してしまう「形代」と呼ばれるものが起源になっていて、今でもこの「流し雛」と呼ばれる行事は各地で行われています。

で、この3月3日がなぜ休日じゃないのかというと…
そもそも国民の休日、祝日は【国民の祝日に関する法律】によって決められており、その法律によって決められた祝日が古くからの年中行事と同じ日になっている日もあれば、そうじゃない日もあるのです。

「年中行事」は非常に沢山あるので、その全てをお休みにするわけにもいきませんしね。(7月7日の七夕、9月9日の重陽の節句は休みではないですよね)

5月5日が休みである理由は、なんでも【こどもの人格を重んじ、子供の幸福をはかるとともに、母に感謝する】日なんだそうです。

決して、男の子と女の子の間で差別しているわけではなく、むしろ女の子は「3月3日」と「5月5日」と2回祝われていて得…?という意見の方が正しいの…かも?

知ってた?【雛人形トリビア】

私が買ってもらえなかったお雛様(しつこい?)ですが、それらの人形のそれぞれ意味ってご存知でしょうか?

ひな人形は、お内裏様とおひな様の結婚式の様子を描いているのですが、こんな意味があるんです。

  • 一段目 内裏雛…天皇家の親王、内親王
    歌でおなじみ!明かりが「ぼんぼり」。
    左から男人形の「お内裏様」、桃花酒、女人形の「お雛様」。(※京都など逆になる地域も)
  • 二段目 三人官女…内裏雛に使えて食事を運んだり、その他、身の回りをする女性
    ちゃんと名前があり、左の官女から銚子(チョウシ)、真中の官女が盃(サカズキ)、右の官女が長柄(ナガエ)と言うそうです。
  • 三段目 五人囃子…音楽を演奏する人達
    飾る場所は決められていて、左から太鼓、大筒、小鼓、横笛、謡
    オーケストラみたいですね。
  • 四段目 随身と仕丁…身の回りの道具を持つ人達
    左が右大臣(ウダイジン)、【仕丁】台笠(ダイガサ)、【仕丁】沓台(クツダイ)、【仕丁】立傘(タテガサ)、右が左大臣(サダイジン)
  • 五段目 嫁入り道具

まとめ

ちなみに「雛人形をいつまでも飾っておくと婚期を逃す」というのは、全くのデマです!

だって、私はこの「お姉ちゃんの雛人形」を見るのも嫌なので3月3日が終わったらすぐお片づけしたのに、私は未だに…。

ん?だからお姉ちゃんはあんなに早く…。まぁ、そのおかげで可愛い姪っ子と甥っ子に早く会わせてくれたからよしとするか(笑)

スポンサーリンク

シェアよろしくお願いします!

スポンサーリンク