スマートフォン解析

インフルエンザと風邪の初期症状の違いと予防方法について

883
所要時間:約333

私が毎年言っている事のBEST3。

「今年も一年早い」、「今年のインフルエンザはやばい」、「今年の花粉はやばい」

次点に「今年も彼氏が出来なかったなぁ…」というのもありますが、それはひとまず置いておいて、毎年、ヤバイと言われている「インフルエンザ」について述べていきたいと思います。

スポンサーリンク

どう違う?風邪とインフルエンザ

風邪とインフルエンザの違いってなんでしょう?

風邪
一年を通じてかかります。風邪を発症した後の経過はゆるやかで、発熱もインフルエンザに比べると軽度であり、くしゃみやのどの痛み、鼻水・鼻づまりなどの症状が主にみられます。
インフルエンザ
インフルエンザの発症には季節性があり、日本では例年は11~12月頃に流行が始まり、1~3月にピークを迎えます。
高熱を伴って急激に発症する事があり、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れます。
関節痛や、筋肉痛や、頭痛なども現れ、肺炎や脳炎(インフルエンザ脳炎)などを合併して重症化する事があるのです。

と述べてきましたが、インフルエンザの初期症状は風邪と非常によく似ています。

インフルエンザはかぜの病原体とは違う、インフルエンザウイルスの感染でおこる病気です。

「風邪薬」ではインフルエンザウイルスは撃退できない為、見極めが大事なのですが、近年は、微熱でもインフルエンザに罹患している事もあり、注意が必要です。

【自分自身の体調に気を配ること】は、インフルエンザを軽いうちに撃退するのにとても大事なことですが、セルフチャックだと、風邪とインフルエンザを間違ってしまう事があり、医療機関でしっかりと検査してもらう事が大事なのです。

インフルエンザを防ぐには?

昔ながらの方法は効果あり!

インフルエンザを防ぐ為に重要な事は、昔からよく言われていることですが…【手洗い】【うがい】です。

手を洗う、うがいをすることによって、細菌から体を守る事ができるのです。

手を洗うことは様々な感染症の予防の第一歩です。インフルエンザの季節だけに関わらず、【手洗い】【うがい】をしましょう。

マスクは役に立たない!?

皆さんは、風邪ヤインフルエンザの予防に「マスクは役に立たない」という話を聞いた事はないでしょうか?

その話の根拠として、インフルエンザは細かい飛沫で感染してしまうのですが、防ぐにはマスクの目では粗すぎるとか。

マスクには鼻にスキマがある。四六時中マスクをしているわけではない。

手術中の医師の様に完全な防護服を着て、帽子をかぶっている時にマスクをしているのであれば話は別だけど、街中に飛沫している菌が服やズボンに付着しているわけだから、マスク程度では防ぎきれないというわけです。

「全く役にたたない」と一刀両断してしまうのもいかがなものかとは思うのですが、マスクをしているからといって安心なわけではない様です。

予防接種は効かない?

インフルエンザの科学的な予防法があると言われているのはワクチン接種です。

流行する前にワクチン接種を受けることで発病を防いだり、インフルエンザにかかっても軽くすませることができる…と、言われているのですが…。

インフルエンザの予防接種を受けていても、発症することは多々あります。

新型のインフルエンザウイルスには、効かない。だとかそもそもこのワクチン接種は意味は無い。

それどころかインフルエンザの予防接種はお医者さんたちの「お金儲け」だとか、体に害悪な場合もある…。などという意見さえあります。

ワクチンの有効率は100%でない事は確かですが、現在のところ、科学的にある程度有効性が証明されている予防法はワクチンだけでもあります。

毎年毎年「今年のインフルエンザはやばい」と日本中で言われているのも、100%有効な予防法が無い。

という事も理由のひとつだといえるでしょう。

まとめ

以上の様にインフルエンザに100%有効な予防法はない様です。

ただ、現状知られている対応策で罹患する可能性を下げていく事は出来ます。

これから流行が予測されるインフルエンザの季節に立ち向かっていきましょう。

スポンサーリンク

シェアよろしくお願いします!

スポンサーリンク