世間を騒がせていた安保法案が可決した模様

政治

大規模デモやニュースでも話題の安保法案が2015年9月17日、可決されました。

今回の安保法案と可決による世間での反応等をまとめました。

やっと日本が国際社会であたりまえのことができる

日本が今まで国際社会での発言力が低かった、遠慮していたことは事実。

今までの日本のあり方は殴られても殴り返さずただ我慢する、というものでしたから、国際的には一歩進めたのでしょうか?

茶番っぽい・・・と話題に

あらかじめ可決されることが決まっていて全員がそれを知っていたかのような喜び方・・・(笑)

全員起立するほどうれしいのでしょうか。

気になったところ

「自衛隊を武力目的で利用する際は国会の承認を待たなければいけない」

日本が攻撃されたり、自衛隊が危ういと思った時、承認は事後でも大丈夫なようですね。

当たり前といえば当たり前、承認なんか待っていようものならそれこそ大勢の犠牲が出てしまいます。

その判断は正しいと思い私自身満足しております。

SEALDsは?

可決したということですが、反対していたSEALDsの方々はどうなさっているのでしょうか。

彼らはもっとこの法案についての見方を変えてみるべきだと思います。

断食も続かなかったようですね(笑)

噂では夏休みがおわるにつれて活動が少なくなっているだとか・・・。

ただ、彼らの発言や反対派の野党の発言などで一般人の意見がまとまらなかったのも事実ですね。(とにかく発言が右往左往してましたから惑わされる方が多かったという印象を持ちました)

これでやっと日本の海域に侵入してきた中国などの船を返すことができるのか・・・

スパイなどが入ってきた際も安保法案が可決されたことにより適切な処置ができるようになればと、期待が持てますね。

感想

やはり民主主義だなと思いました。

こういって誰かの独断ではなくみんなで考えた国の進め方でよい方向に進んでいくことは大変喜ばしいことだと思います。

第一に日本は「日本人」が住む国なのですから日本人よりも外国のかたを国が優先して過ごしやすくさせているところに問題があり国として日本人が暮らしやすい場所であることは大前提です。(時々暴動も起きています。)

これからも政治に関しても良い方向に国が発展してほしいですね。

まとめ

安保法案が可決し、議員がとてつもなく喜び反対派、賛成派とも大きなアクションのスイッチになる出来事だったと思います。

意見は人それぞれですがこれが日本にとっていい決断であることを願うばかりですがこれでアメリカとの親睦はさらに深まるのではないでしょうか?

COMMENT