浜崎あゆみ、顔と声が劣化し過ぎだとネットで話題に・・・整形依存症の可能性も

芸能・スポーツ

浜崎あゆみといえば、人形のような美貌とボディライン、美しい高音で「歌姫」と呼ばれ、一世を風靡した女性です。

女子高生のカリスマとして少女たちを熱狂させてきたあゆ。

それが、最近は整形依存症としか言えないような不自然な顔つきで話題になっています。

誰だかわからないという声が続出

262_2

「松田聖子?」「神田うの?」とネット民が大騒ぎしたのが、9月23日にテレビ朝日の「ミュージックステーション ウルトラFES」に生出演した時の浜崎あゆみの顔の変わりようでした。

特に目の二重が深すぎて不自然だ、毎回見るたびに変わっているけど今回はひどい、などと叩かれたのです。

更に、ステージで歌う彼女の高音は、もはや昔の透明でかわいらしいものではなくなっていました。

かすれ、とぎれながら必死にふりしぼっているという感じです。

加齢とともに声が低く太くなるのは自然現象ですが、36歳という年齢でそれを言うには早すぎます。

もちろん、今回の彼女の歌を聴いて「噛みしめるように歌っていた」「全身全霊で歌っていた」「涙が出て来た」「うまくて感動した」というファンも多くいました。

何でも彼女の愛犬が数日前にこの世を去り、泣き過ぎて目のあたりがおかしかったんだ、というツイートもありました。

浜崎あゆみは整形美女?

彼女が整形美女だ、という噂は以前からありました。

そのあまりに整った顔立ちのため、かえって不自然さを感じさせてしまうのです。

YouTubeでも、「日本の整形芸能人」の中に必ず彼女は入っています。

ただ、その映像は中学生の頃のものが多く、女性の顔がどんどん変わる時期です。

グラビアモデル時代のものも角度があまりよくなく、同時に撮られた他の写真と比べて一番写りが悪い写真を選んで載せています。

さらに、彼女はアイメイクに非常に時間をかけ、いかにも化粧した!という顔です。

すっぴんと差が出るのは当然の事です。

では、全く整形していないのでしょうか? それはあやしい所です。

メスを入れたのか、プチ整形なのかはわかりませんが、手を入れているのは間違いないでしょう。

中学の卒アルにすでに最盛期の彼女のおもかげがある、という意見が多いのですが、彼女は中学生の頃には既に芸能活動を始めていました。

美容形成外科医の高須氏によると、二重整形は中学生でも問題がなく、希望者も多いのだそうです。

小学校の頃の目元と比べると、明らかに目と眉の間の幅が違っているように見えます。

また、グラビア時代のPVがあります。

非常にきれいなのですが、顔の輪郭はあまり良くありません。

正面から見ると丸顔ですが、斜めの輪郭は少しガタガタした感じ。

また、彫も深くはありません。

中学生・高校生の頃にはあったふっくらした目袋が、グラビアの頃には殆どなくなっているのも不思議です。

歌手活動をする頃には目と目、目と眉の間隔が若干狭くなった印象です。

目元も、それまでは細めの末広型二重だったのが、平行幅広二重に変化しています。

目頭切開と二重整形ではないでしょうか。

鼻の大きさも、グラビア時代に比べると小鼻が小さくなり、シャープになっています。

26歳頃の写真を見ると、整形に失敗したのか、不自然な段があるのがわかります。

劣化が噂され始めたのは30歳頃

劣化して来た、と言われ出したのは30歳頃。

激太りしたりボディラインに気を使わなくなったりと、歌で生きていく、と決めたとはいえ、精神状態があまりよくなかったのかもしれません。

年齢的に仕方がない部分もあるのでしょうが、全身が売り物だということは彼女自身わかっていたはずです。

元々ボイストレーニングが好きではなく、声をお腹からではなく喉だけで歌っていた彼女。

体のたるみは声に反映します。

今回ミュージックステーションで歌った、「a song is born」が苦しげな発声だったのは、体のたるみが声に出たという事でしょう。

36歳程度で声が「加齢」することは、きちんとしたトレーニングをしていたのならあり得ない事です。

由紀さおりが1969年、21歳の時に発表した「夜明けのスキャット」を、60歳を超える今でも変わらぬ美声で歌えるのですから。

欧米と違い、日本や韓国では若い美貌の女性でなければ、スターとして生き残るのはほぼ不可能です。

でも、彼女のように子供の頃から芸能界にどっぷりはまっていると、他の世界で生きて行くなど考えられない事でしょう。

芸能界にい続けても、ファッションのカリスマにも歌姫にももう戻れない事はわかっていても、どうしてもしがみついてしまうのかもしれません。

以前、天地真理さんが言っていました。

「わからない人にはわからないでしょうけど、芸能界は麻薬です。

一度入り込んだら、絶対に抜け出せないのです」と…。

COMMENT