F1日本グランプリが開催! ホンダF1復活なるか?

芸能・スポーツ

F1日本グランプリが鈴鹿サーキットで開催されています。

今季はマクラーレンと契約した「ホンダF1」がメディアから注目を浴びているものの、これまでの成績は不振続きに終わっています。

F1日本グランプリを取材しているメディア関係者からは、今季のホンダエンジンは低迷を続けるだろうとの予想が多く、あまり期待はされていないようです。

メディア関係者から辛辣な評価を受けるホンダ

ホンダがF1に帰ってくると報道されたときは、すごい過熱ぶりでしたが、蓋を開けてみるとパッとしない成績に対して、辛口の評価をするメディアが多く見られます。

また、レース開催中のホンダ関係者のメディアへの態度も評判が悪く、中にはホンダのF1参戦は無意味ではないかとさえ評する人もいるようです。

エンジン関連で幅広い進出を続けている事実

しかし、ホンダはエンジン開発の分野で幅広く活躍しているのも事実です。

小型航空機のホンダジェットの開発に成功し、現在ではアメリカで注文数を伸ばしているという報告もあります。

それを含めて考えると、ホンダはF1において徹底的に「黒子」に徹するつもりではないかと思えます。

ホンダがF1で大活躍をした黄金期のようにフレンドリーな態度でメディア関係者に接しなくなったのは、イメージよりも技術開発を重視してのことではないかと考えられるからです。

かつては、親しくなった記者とのやりとりで、エンジンの課題はどこか、今後どのような展望を考えているのかなど、さまざまな情報を得ることができたそうですが、F1復帰以降のホンダの対応は「紋切り型の回答ばかりで知りたいことを知ることができない」と噂になっています。

エンジンに関する情報を徹底して漏らさず、メディアへの回答も模範的なものにしているのは、あくまでホンダは、マクラーレンのサポートに徹しているのだという表明とも受け取ることができます。

古参のファンには「弱いホンダ」は受け入れがたい

しかし、メディア関係者がそのように愚痴をこぼす気持ちも理解できるものです。

いくら「黒子」に徹するつもりだとしても、黄金期を知っているファンから見れば、弱いホンダなど見たくないという気持ちになるでしょう。

とくにF1を取材しているメディア関係者は、その全盛期時代を誰よりも知っており、ホンダエンジンを搭載したマシンの成績が振るわないという現状に歯噛みする思いなのだと考えます。

今季のF1の成績を見る限りにおいて、「技術のホンダはどこへ行ってしまったのだ!」と声を大にしたくなります。

2014年からF1レースで使用されるエンジンに対してのレギュレーションが変更さたことを考慮に入れても悔しい思いには変わりありません。

ホンダエンジンの巻き返しは果たされるのか

308_2

今年は多くの関係者がホンダは不利な状況で戦っていると考えています。

それは契約先のマクラーレンも同様で、来年からの活躍に期待しているフシがあります。

しかし、今の低調な成績から、来年は契約先の変更があるのではないかとという噂も飛び交っています。

契約先が変更されるにしても、いずれはホンダエンジンの活躍が見られるときが来るだろうと、個人的には予想しています。

なぜならホンダの本質は「技術」にあるからです。

技術屋といえば、気難しい職人肌の人間が多いというイメージが今でもあります。

現在のホンダはそのような技術屋の空気をまとっているように見えるのです。

今季の成績や、日本グランプリのテストランの結果を見る限りでは、期待するのは無理と言えるでしょうが、今のホンダならきっと困難を乗り越えて、「強いホンダ」の姿を見せてくれると信じています。

COMMENT