『キラキラネーム』よりツライ? 『シワシワネーム』とは

面白・豆知識

最近は、当て字で名前を付ける親が増えています。

いわゆるキラキラネームというものですよね。

本当に読めないものが多いですし、学校の先生も一苦労ですし、大人になって本人がその名前に愛着を持たれるかどうかも少し疑問ですよね。

本人がそれでぐれなきゃいいけど・・・。

さて、キラキラネームの逆語として今はやりつつある?のがシワシワネームです。

今のおじいちゃんおばあちゃん世代でも、かなり特徴的な名前の方がいますが、そのような方をシワシワネームと読んでいるようです。

上手いネーミングですね!

では、シワシワネームではどのような名前があるのでしょうか?今回は、ほんの一例を紹介します。

カタカナの名前!

シワシワネームといえば、真っ先に思いつくのはカタカナの名前です。

トメさんであったりタキさんとか・・・私の身内にも思い当たる名前がいますね。

今のキラキラネームでは、これを感じで表現しているケースが多いので、そのあたりが少し異なります。

数字の名前

実は家のおばあちゃんの名前は一二三でした、ちなみにその妹は五十六でしたので、どれだけ数字が好きな親だったんだ!ってつい突っ込みたくなるのですが、数多くの方がこのようなネーミングをされていました。

どのような意味が込められているのでしょうね?非常に気になるところであります。

シワシワネームの代名詞は和子?

今でも使用されることが多い和子という名前ですが、実は昭和初期からずっと人気の上位にいた名前でした。

芸能人でも多くの和子さんがいらっしゃいますよね。

シワシワネームと呼ぶには少し違うかもしれませんが、一応取り上げておきます。

和夫も多いですね!

私の会社でもいる名前として、和夫さんもシワシワネームとして知られています。

有名人では徳光和夫さんが有名ですね。

先に取り上げた和子さんと合わせて、”和”が付く方はシワシワネーム率が高いですね!それにしても、和には何を込めていたんだろうか・・・気になります。

子が付く名前もシワシワネーム?

以前は当たり前のようにいた、○子さんは今では少なくなっているようです。

そこで、一部ではシワシワネームのグループに入れている方も多いのですが、果たしてどうなのでしょうね?

私個人としてはまだまだ通用する名前だと思っています!

このように、シワシワネームは沢山の種類があるのですが、今では古臭く感じてしまうかもしれませんが、一周して新鮮に見えてくることがあるかもしれませんね!

COMMENT