任天堂WiiUの『マリオメーカー』で外人が作ったコースがマリオの常識を覆す、こんなゲームあり?

海外

スーパーマリオメーカーというゲームが9月のい発売されたのをご存知でしょうか?

このスーパーマリオメーカーは、スーパーマリオブラザーズを自分の手でアレンジできるという趣旨のゲームで、バカリズムさんと唐沢寿明さんの出演しているCMでもおなじみですよね。

自作の面を作るというのは、YouTubeでも結構公開されているので目新しさはないのですがあまりのアレンジ力の高さでそれを遥かに凌駕するものがあります。

初めてこのゲームを知ったのは、ゲームセンターCXの特番で有野晋哉さんが作成した面を公開しているものを見たのが初めてでしたが、あまりのぶっ飛び感に度肝を抜かされました。

ちなみに、コース作成編はYouTubeのNintendo 公式チャンネルで視聴できますよ!

では、このスパーマリオメーカーでできる凄いアレンジについて、紹介します。

海の中をノコノコが泳ぐ!

海中の面といえば、イカのキャラであるゲッソーがマリオに襲いかかるのを思い浮かべますが、スーパーマリオメーカーでは海の中でノコノコを泳がせたりノコノコが襲いかかってきたりと今までのマリオではあり得ないことを起こすことができます。

バネを重ねることができる!

高くジャンプすることができるバネが設置されていますが、バネ同士を上下で重ねてバネがバネを飛ばすという面白いシーンを作ることができます。

ものすごく高い位置にゴールを設置して、バネで大ジャンプしてゴールする、そんなシーンが楽しいかも?

パックンフラワーを至るとこを生やせる?

ドカンの中から顔を出してくるパックンフラワーですが、スーパーマリオメーカーではどこにでも生やすことができます。

例えば、地面にみっしり生やしてスターがないと進めないなどといった意地悪な使い方もできますね。

敵キャラもきのこで成長!

マリオメーカーでアレンジしている中で、きのこを敵キャラに与えるとサイズを増大させることができます。

ノコノコであれば、そのサイズのまま甲羅となり、蹴って投げつけることができます。

今回紹介したのはほんの一例で、しかもスーパーマリオブラザーズだけでなくスーパーマリオワールドなどをモチーフとした面も作成できます。

レトロゲーマーだけでなく、ゲーム好きなら誰でも楽しめる逸品ですので、是非一度プレイしてみてくださいね!

COMMENT