お肌はもう乾燥! 秋~冬のスキンケアには保湿が『超』重要なワケ! 読書の秋もいいけど、『保湿の秋』も始めよう!

美容・健康

最近急に肌の調子が悪くなっていませんか?

夏のように化粧崩れはなくなって来たけれど、その分粉がふいて来たり、唇が荒れ気味になって来たり。

そう、もうお肌には危険信号の時期が来ているのです。

きれいな肌で冬を乗り切るために、今からケアしましょう。

なぜ夏の終わりから肌の調子が悪くなるの?

夏は、肌の新陳代謝が一番盛んです。

湿度が高いため皮脂や肌の水分量が多く、多少不摂生しても自然治癒力でカバーできるのです。

化粧崩れが起きたり顔がてかったりするるのは困りものですが、それだけ肌が健康に活動しているということでもあるのです。

ところが、夏も終わりに近づくと湿度が低下して来るため、それまで皮脂や水分で潤っていた肌が乾燥し始めます。

特に夏の間会社や学校で冷房の効いた室内と高温多湿の外界に交互にさらされていた場合、肌には大きなダメージがかかっています。

そのダメージが、乾燥し始めた秋口から一気に出始めるのです。

さらに、外で紫外線を浴びています。

紫外線が一番強いのは5月頃ですが、1年を通じて紫外線は注がれています。

しかも、直接浴びなくても地面からの照り返しでも紫外線を浴びることになるのです。

紫外線防止のために日焼け止めを塗っていた場合、今度は日焼け止めの成分で肌を傷める可能性があります。

今は負担が少ない商品が沢山出ていますが、汗で防止剤が流れてしまうため、2~3時間ごとに塗り直さないといけません。

ということは、肌はずっと日焼け止めという化学製品に触れているということになります。

秋の肌はどんな状態?

秋から冬にかけてシワやシミが目立って来たという場合、実は原因は夏のお肌の疲れにあるのです。

①紫外線の後遺症

471_2

紫外線が強くなると、メラニンが生成されやすくなり、色素が沈着していきます。

沈着した色素は、涼しくなるにつれて体外に排出されます。

ところが、肌が疲れていると排出がうまく行かず、そのまま肌内部に残ってしまい、シミ・ソバカスの原因になってしまいます。

紫外線の影響はもう一つあります。

紫外線によって表皮細胞がダメージを受け、保湿機能が衰えてしまうのです。

なんだか肌がガサガサしてきた、固くなってきた、という場合がこれです。

そのままにしておくと、シワが出来てしまいます。

②気候の変化への対応

気候が変わって行くと、肌はそれを察知し何とか対応しようとします。

例えば空気が乾燥し始めると、肌を厚くして水分を逃がさないようにします。

夏に比べて毛穴が締まるようになり、皮脂の分泌も減少して行きます。

また、環境の変化に敏感になっている肌は植物の花粉やハウスダストにも反応し、アレルギーという形で対応しようとするのです。

そこまで行かなくても、かゆみやかぶれといったトラブルがあらわれます。

秋はどんなスキンケアをすればいい?

本来、肌には季節にうまく対応する力が備わっています。

ところが環境や食生活の変化で、元々持っていた機能が衰えてしまっています。

それを回復することから始めましょう。

①角質層を正常に戻す

角質層というのは、皮膚の一番外側の部分。

たった0.02㎜、ほぼラップ1枚の厚さしかないのに保水機能やバリア機能を持っています。

この角質層が失われると水分がなくなり、人間は24時間も生存できないと言われます。

この角質層は外気の乾燥・紫外線・ストレス・加齢に影響を受けます。

角質層が厚くなることで、外界からの刺激を内部に伝えないようにしているのです。

ところが角質層が厚くなるとその奥に水分補給がうまくできなくなるという問題が出て来てしまいます。

秋の肌はそんな状態なのですね。

本来なら、角質層は自然に垢となって落ちるものです。

それが肌に残ってしまっている状態なので、まずはこの角質層の垢を取り除きましょう。

②保湿対策をしっかりする

角質層を取り除くと、本来の水分保持機能が戻って来ます。

ところが皮脂が少なくなっている季節なので、そのままにしておくと水分が蒸発してしまいます。

そのため、保湿してから水分が逃げないよう、フタをしてあげなくてはいけません。

実際にどうケアすればいいの?

角質層はごしごしこすって無理に剥がしてはダメ。

必要な角質層まで取ってしまいます。

①お風呂で湯船にゆっくりつかる

まず、肌をふやかして余計な垢を浮き上がらせましょう。

②オイルでやさしく不要な角質を取り除く

肌が柔らかくなったら、オイルを500円玉程度の量手の平に取り、顔に万遍なく塗ります。

力を入れないよう注意しながら、おでこからほほ、あごまでマッサージします。

③水分を補給する

充分マッサージしたら、洗顔料を使用して汚れをすべて落とします。

お風呂から出たらすぐに化粧水で充分パッティングします。

この時も力を入れず、軽く押しつけるような感じで肌に化粧水を入れ込みます。

その後、美容液で保湿をしましょう。

秋~冬の間は、美容液で保湿をするかしないかで肌の状態が全く違います。

冬に肌が荒れやすい人は特に、絶対にこのステップを入れて下さい。

④油分でフタをする

肌が充分に水分で潤ったら、その水分が飛ばないよう、乳液やクリームでフタをしてあげましょう。

塗り終わったら手の平で肌を包み込むようにすると、より肌になじみます。

それでもまだ部分的に肌が荒れていたら

471_3

お肌のケアの特効薬を使いましょう。

ニベアがよく使われますが、それより効果が高いと言われるのが「ユースキンA」。

ほんの少し、薄く伸ばすだけで大丈夫。

数日後には肌荒れが落ち着きます。

これは肘や膝などの角質化した肌にも強力に働き、数日塗っただけですべすべに。

小さいサイズなら500円しませんから、ぜひ一度試してみてください。

パックは、お肌の状態が良くなるまでやらないほうが良いでしょう。

やるならユースキンAやニベア、オロナインパックがおすすめ。

お風呂でオイルマッサージをした後に薄く塗ります。

最後にホットタオルで余分なオイル分を取るだけで大丈夫。

翌朝には肌がしっとりすることうけあいです。

一石二鳥を狙うなら、マッサージオイルをオリーブオイルやココナツオイルにしましょう。

マッサージした後ホットタオルで軽くぬぐうだけで良いので簡単。

しかも肌の調子が劇的に改善されますよ。

高い化粧品はたくさんあるけれど、毎日使うものですから続けられるお値段でないと意味がありませんよね。

それに、ブランド化粧品で肌荒れしたのに無印良品なら大丈夫だった、という人は多くいます。

ユースキンAやココナルオイルは化粧水1本分(か、それ以下)のお値段で充分な威力を発揮してくれますから、一度試してみてくださいね。

COMMENT