大人気バンド『マキシマム・ザ・ホルモン』のギタリスト、マキシマムザ亮君が1000万個人投資!

芸能・スポーツ

2015年9月14日、様々な年代にコアなファンをもつバンド、マキシマム・ザ・ホルモンでのボーカルを務めるマキシマムザ亮君が自分の所属するバンドのアルバム「DekaVsDeka ~デカ対デカ~」制作にあたって個人で1000万投資したと話題になっています。

この記事を書かせていただいております私も実は、ファンなのですがマキシマム・ザ・ホルモンは今まで数々の偉業(異業)をなしとけげ来たのでその中に入る1つになったのではないかと思います。

この発表を見たファンの反応としては、

  • お金持ってるんだろうな
  • さすが亮君
  • スレッドを立てるのはたたかれそうで怖い

ファンではない一般層の反応としては、

  • そんな金があったんだ
  • 漢やでぇ

どちらの意見もあまり大差はありませんね。

上記の意見の中には書きませんでしたが「痩せた」多いです。

たしかにマキシマムザ亮君、痩せましたね(笑)

マキシマム・ザ・ホルモン、メンバー全員の体重を足して500kgなどという肥満体巨漢の集まりなのに激しい音楽、英語にも聞こえるような意味のありそうでない歌詞など濃い印象がとても強いバンドですが印象だけではなく、個人で1000万アルバムに投資などと聞くとロックという名に恥じないバンドですね。

いつの間にかテレビ出演も果たし、初回盤なしのアルバムで20万越えを果たすほど有名になり売れています。

最近のマキシマム・ザ・ホルモンは今までとは違い曲が落ち着いてきた雰囲気があったのですが行動はロックなままですね。

今回の記事で注目したいところは、

  • アニソンで売れたバンド
  • デスノートなどの曲を担当した際に売れたときのリピーターが続いている
  • 9mmや湘南に並ぶレベル

など各自の意識とは別に評価は高いという所です。

実際このジャンル(ハードコア)では日本では頭一つ飛び出たセールスを叩き出しているいるようですし。
(それでもロックといえば外人がメイン、ロックは外人のものというロックファンもいるようですね)

先ほど記述しましたが、見ないうちに痩せた後に1000万というお金を使ったのですから(投資)先が短いのではないかと心配するファンもいるようですね。
(定かではありませんがドクターストップがかかっていたとか)

一人の意見としては少し高くてもDVDではなくBDで出してほしいという要望が書いてありました。

この方は口調が強めでアンチのような印象をうけるのですがBDを出してほしいということでしっかりとしたファンなのでしょうか。

最後に私の感想としましては、純粋に漢だなぁ、と感心しました。

自分の所属するバンドにお金を使うのを惜しまないのはすごく好感のもてるお金の使い方だなと思いました。

これからも世間が(いい意味で)驚くような行動、曲を出して活動を広げていってほしいです。

COMMENT