11月23日の『勤労感謝の日』は紅葉満開の伊勢神宮の新嘗祭に行こう!

トラベル・イベント

11月23日は『勤労感謝の日』ですが、元々は『新嘗祭(にいなめさい・しんじょうさい)』と呼ばれた神道の祀りごとでした。

現在も全国の神社で執り行っています。

どんなお祭りなのでしょうか。

新嘗祭のいわれ

611_2

農業を生活の糧としていた時代、毎年の穀物の収穫量は、生死をも左右する最も重要な事でした。

そのため、穀物の神様にその年の豊穣を感謝するとともに、来年も無事に収穫できるようにお祈りを捧げたのが、新嘗祭の起源とされています。

飛鳥時代に始められたと言われています。

1908年に皇室で執り行う祭祀として法令が発せられました。

この法令は1947年に廃止となり、新嘗祭という名称も『勤労感謝の日』に改称されましたが、現在も最も大切な祭祀として、宮中で天皇陛下が神に豊作を感謝する特別な儀式をおこなっています。

また、伊勢神宮にも勅使を遣わしています。

この新嘗祭に先立って行われるのが神嘗祭(かんなめさい)です。

毎年10月中旬に行なわれています。

これは、その年の新穀を天照大御神にお届けするという儀式です。

まず神が食べ、次に国民が食べ、最後に天皇が新嘗祭で食べる、という流れになっています。

新嘗祭に宮中で行われる儀式とは?

新嘗祭は天皇が宮中でおこなう儀式ですので、一般人がそれを見ることはできません。

一昨年、天皇陛下の数えで80歳の誕生日を記念し、初めて映像として公開されました。

11月23日の夜から24日未明にかけて、皇居内にある神嘉殿で儀式が行われます。

午後6時からは『夕(よい)の儀』、午後11時からは『暁の儀』と呼ばれ、各2時間天皇がその年に収穫された新穀を神に供え、神と語らうとされています。

皇族が参列しますが、新穀を供え神と共に食べる『直会(なおらい)』という儀式は天皇以外は執り行う事ができません。

天皇が高齢となったため、昨年から午後11時の暁の儀への出席が取りやめとなっています。

伊勢神宮での新嘗祭

伊勢神宮をはじめ靖国神社、伏見稲荷神社、出雲伊波比神社などでも新嘗祭を行ないます。

特に伊勢神宮は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)と衣食住の守り神とされる豊受大神宮(とようけのおおみかみ)を祀ってあるためすべての神社の上に位置するとされており、一般人が拝観できる中では最も規模が大きいものです。

伊勢神宮の新嘗祭では宮中から天皇の勅使が訪れ、大御饌(おおみけ)と呼ばれる神への供え物を持って来ます。

それを神に供え、皇室の繁栄、国家隆昌、国民の平安を祈ります。

11月23日朝7時からは外宮で奉幣(ほうへい)の儀、11時からは内宮で大御饌の儀、14時からは内宮で再度奉幣の儀が行なわれ、参道から拝観できます。

一般人は儀式に参加する事はできません。

それ以外に外宮で夜間に大御饌の儀が行なわれますが、これは拝観できない事になっています。

奉幣の儀とは、勅使が天皇からの供え物として持って来た、『幣帛』と呼ばれる布・衣服・酒・貨幣を奉る儀式で、大御饌の儀は、天照大御神に食べ物を供え、五穀の豊作を祈る儀式の事です。

朝7時になると、天皇の姉である池田祭主がオレンジ色の袴を履いて先頭に立ち、多くの神職の人たちがそれに続きます。

砂利の上に正座し、儀式を行ないます。

御神楽や人長舞の奉納が行なわれるのですが、撮影は出来ません。

この時期は伊勢神宮の紅葉が最も見事な時期でもあり、多くの観光客が訪れます。

伊勢神宮は朝5時から参拝できますので、出来るだけ早めに動きましょう。

早朝なら外宮は正宮と別宮全てを1時間ほどで回れます。

外宮から約3kmの所に、天照大御神の弟神などが祀られている『月讀宮(つきよみのみや)』があります。

社殿が並び、パワースポットとして知る人ぞ知る名所です。

ここから内宮へ行く途中に『おはらい町』があります。

土産物屋や食事処、カフェなどがあり、特に休日は大混雑します。

これからの時期に伊勢神宮に行く人は、早めに行く事をおすすめします。

内宮は、平日なら1時間半ほどで回る事ができますが、休日はその2倍を覚悟して下さい。

それほどの人出です。

溢れんばかりの紅葉と、中を流れる五十鈴川、回りを覆う山々の全てが静謐な空気をまとっており、特に御正殿前の階段からは非常に強力な『気』を感じる事が出来ます。

お腹がすいたら?

611_3

お参りが終わったら『おかげ横丁』へ。

『おはらい町』から入って行ける商店街です。

おかげ横丁の入口正面には赤福の本店があり、その場で食べることも出来ます。

讃岐うどんとは全く違う、柔らかい麺と黒いタレの伊勢うどんが食べたい場合は『ふくすけ』へ。

食べ歩きにぴったりのコロッケは『豚捨』へ。

いつも行列が出来ています。

揚げたかまぼこなら『若松屋』。

注文してから揚げてくれます。

見どころも食べどころも満載の伊勢神宮、これからが秋本番です。

パワースポットとしても名高いので、ぜひ一度行ってみて下さいね。

COMMENT