痛い静電気はなぜ起きる? 静電気の原因と除去する良い方法について

生活

早い人は10月終わり頃から「パチッ」

そう、静電気です。あまり静電気が起きない人と、しょっちゅう痛がっている人の違いは何なのでしょうか。

体にも良くない、と言われる静電気について、調べてみました。

静電気とは?

685_1

普段私たちが使う「静電気」という言葉の意味は、「摩擦帯電によって、物体に電荷が帯電している状態」のことです。

暗闇で静電気が起きた時に火花が見えることがありますが、帯電していた電荷が放電した時の現象の一つです。

地球上の物質はすべてプラスとマイナスの電気を持っています。

通常、この二つはバランスが取れているのですが、秋から冬にかけてくずれやすくなります。

私たちの体に存在している電気は、摩擦や強い力がかかるとプラスとマイナスのバランスがくずれ、マイナス電気がなくなってしまいます。

秋から冬にかけて静電気が起きやすいのは、服を着こむため、摩擦が大きくなるからです。

体にプラス電気だけが残っている状態が「帯電」です。

この状態で金属などにさわると、体のプラス電気は金属のマイナス電気と結合しようとします。

空気が乾燥していると電気が通りやすくなるため簡単に結合するのですが、その時に起こるのが放電で、これを静電気と呼んでいます。

静電気はどんな時に起こりやすい?

静電気が起こりやすいのは湿度が20%以下、気温が20℃以下と言われています。

暖房をつけていても特に床のほうはそこまで上がらないことが多く、しかも暖房で湿度がかなり低くなっています。

更に、近年都市部ほど湿度が低くなる傾向が見られ、都道府県別の年相対湿度で見ると、日本で最も空気が乾燥しているのは東京で、大阪、兵庫などが続いています。

都市部にいるほど静電気が起こりやすいと言えるでしょう。

また、洋服の生地によって帯電率が違います。

生地と生地がこすれると摩擦が起き帯電するのですが、材質によってプラスに帯電しやすいものとマイナスに帯電しやすいものがあります。

プラスの度合が強いものとマイナスの度合が強いものを一緒に着ると、非常に静電気が起こりやすくなるのです。

例えば、冬の定番となったフリースはポリエステル(ポリエチレンテレフタラート)ですから、ウールのセーターを合わせると非常に帯電率が高くなります。

逆に、アクリルのセーターだと静電気が起きにくいのです。

なぜ静電気が起きやすい人と起きにくい人がいるの?

実は、静電気というのは誰にでも起こっている現象です。

静電気が起きにくい人というのは、金属などに触れる前に自然に放電が出来ているのです。

自然放電が出来ない人には、共通の体質があると言われています。

それは、血液が酸性化しているということ。

生活習慣の乱れによって、血液がドロドロになり、悪玉コレステロールや中性脂肪が多くなって来ると、血液が弱アルカリ性から酸性に傾いてしまうのです。

血液が酸性化すると、血液中にあるマイナス電気(マイナスイオン)を保つことができなくなり、電気がプラス優勢になってしまいます。

そのため、マイナス電気を放電するどころか呼び寄せてしまうのです。

これがいわゆる「静電気体質」です。

この体質の人には肩こりや腰痛、冷え性が非常に多いとされています。

また、血液検査でpH値が基準値の7.4以下の場合、酸性体質と言えますから、注意が必要です。

静電気は体に悪い影響があるの?

わずかですが、静電気発生時にカルシウムやビタミンCが体外に排出されてしまうと言われています

また、静電気は空気中のハウスダストを引き付けるため、体内に入りやすくなりアレルギーや皮膚疾患の原因となります。

その他、血糖値を上げる、貧血になりやすい、免疫力の低下といった悪影響もあるとされています。

どうすれば静電気が起きなくなるの?

①血液をサラサラにする

血液を汚すと言われる代表的な食物がジャンクフードや肉類です。

それだけでは栄養が偏ってしまうからです。

ですから、バランスの良い食事を心がけ、特に野菜を多く摂取するようにしましょう。

②水分を補給する

空気が乾燥していると、皮膚からもどんどん水分が失われて行きます。

充分な水分補給をしましょう。

冷たい飲み物は体温を下げ、新陳代謝を滞らせますので、ホットドリンクを。

皮膚の表面は水分補給だけでなく、油分でフタをしてあげることも必要です。

化粧水の後は必ず乳液やクリームなどをつけるようにして下さい。

③部屋の中の湿度を上げる

加湿器を使用しましょう。

加湿器にも色々なタイプがありますが、部屋の湿度を感知して作動するものが一番良いでしょう。

湿度が高いと風邪やインフルエンザのウイルスが浮遊しづらくなるというメリットがありますが、結露も起こりやすいのです。

加湿器はあまり部屋の隅に置かない方が良いでしょう。

④衣類に静電気が起きないようにする

洗濯時に柔軟剤を使用したり、着用時に静電気防止スプレーを吹き付けることでかなり防ぐことが出来ます。

また、上に書いたように、服の素材を考えて着用することも効果があります。

⑤静電気防止グッズを利用する

685_2

リングタイプやブレスレット、シュシュ、キーホルダーなどが販売されていますが、体に身に着けるだけのタイプは効果が弱いとされています。

静電気を空気中に逃がすことになるのですが、乾燥した空気には電気が逃げにくいからです。

おすすめ商品はぺんてるのキーホルダー型除電器「ビービー・シェイプ」。

この商品は高い放電性を持っていて、価格もお手軽な600円程度。

非常に人気のある商品です。

⑥身近にあるものを利用する

静電気を逃がす性質のあるもの、たとえば革や木で出来た小物で金属に触れると、静電気を逃がすことができます。

アスファルト、コンクリート、木材、紙などに触れても静電気が逃げますから、しょっちゅう触っていれば帯電しにくくなります。

室内でサッシやドアを開ける時は、壁紙や木の部分に触れてから開けるようにしましょう。

静電気を逃がすことが出来ない材質はガラスやゴム、樹脂などです。

昔は靴底が革のものが多く、歩くだけで地面に放電できていました。

現在はゴムや樹脂など絶縁体のものが殆どなので、期待できなくなっています。

しょっちゅう痛い思いをしていたり、フリースを着たいけれどすごい静電気なのであきらめていた、という人は結構いるのではないでしょうか。

でも、実は結構簡単に逃がす事ができますから、色々試してみて下さいね。

COMMENT