10月31日はハロウィン!でもハロウィンってそもそも何の日なの?

面白・豆知識

10月31日といえばハロウィンですね。

日本では仮装をすることもあまりなく、なじみのない文化ですが起源も面白いですし、食べ物も秋っぽくおいしいです!

意味をよく知ることで今までよりハロウィンを楽しめると思いますよ!

そもそもハロウィンってなによ?

11月1日はカトリックの諸聖人の日ですよね。

いわばそれの前夜祭です。

食物などの収穫をお祝いして悪霊など縁起の悪いものを追い出すものだったのですが最近はその宗教的な意味合いは薄れていてジャック・オ・ランタンなどを模した子供たちがTrick or treat!(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!)といいながら近所を回るお祭りのようなものに変わっているようですね。

ちなみにですが、他にも面白い言い方がいくつかあり、

  • Trick but treat
    お菓子くれてもいたずらする
  • Trick and treat
    お菓子くれたらいたずらする

などいろいろあります。

ハロウィンのイベントで言って遊んでみるのもアリかも。

ハロウィンの食べ物

ハロウィンといえばカボチャですね。

ですがなぜカボチャなの?それはアメリカにカボチャが沢山あったからです(笑)

ジャック・オー・ランタンに使われているのもその理由です。

ハロウィンで家庭で出される食べ物としてはカボチャを使った甘い食べ物が多いですね。

  • パンプキンパイやタルト
  • パンプキンスープ

スープはよく飲食店でみかけますがパイやタルトはあまり見かけませんね。

名前は聞いたことはありますが食べたことがあまりないという人も多いと思います。

日本でのハロウィン

商業的なイベントという意識がほとんどだと思います!

実際にもディズニーやUSJなどでイベントを開催することでそれ以外の日とは比べ物にならないほどの来場者が見込めるほどのビッグイベントです!

お菓子メーカーもハロウィンフレーバーの新商品を販売したりなどイベントというよりも企業からすると稼ぎ時というイメージでしょうか?

ですが実際に業績も伸びていますし、街の雰囲気もにぎわいよくなるのでWin-winということになるのでしょう。

余談になりますが北海道では七夕に「ろうそくだせ」という歌を歌いながら近所を回ってお菓子をもらうという文化がありました。

今思うとこれは日本版のハロウィンなのでしょう。

日本のハロウィンは海外でも注目を浴びていますね。

ハロウィンの渋谷はコスプレをした人で埋まるので行ってみたい場所リストに加える海外の方もいらっしゃるほどで、日本流のハロウィンになってますね。

COMMENT