日本人力士の成績が振るわず・・・栃煌山関ら今場所を盛り上げられるか?

芸能・スポーツ

現在、両国国技館で大相撲九月場所が絶賛開催中です。

近頃では、なかなか日本人力士の成績が振るわずにがっくりとしていた人も多いのではないでしょうか。

さらに今場所では、横綱白鵬がケガのために九月場所が始まって間もなく休場となり、鶴竜の一人横綱となっていました。

しかし、その横綱を破り波に乗っている力士たちがいます。

横綱不在の中で期待される日本人力士たち

まずは、全勝街道を走っている栃煌山関です。

今場所好調な取り組みを見せてくれている力士の1人です。

所属は春日野部屋で、現在は関脇として活躍中です。

次に注目は嘉風関です、現在の番付は前頭筆頭、五日目で四勝一敗の成績をキープしています。

この勝ち星の中には、金星が二つ入っているほど好調ぶりを見せてくれています。

ちなみに横綱白鵬が休場したのは、嘉風関に敗れた後でした。

まだまだ活躍している力士はいますが、今場所ではこの2人が多いに盛り上げてくれています。

横綱白鵬に次いで大相撲を盛り上げてくれるタレントは?

しかし、五日目を過ぎたばかりの現在では、手放しで喜べるわけではありません。

以前から「モチベーションが下がってしまった」ということで引退が噂されている横綱白鵬ですが、今回の休場で、引退への不安が大きくなりました。

現在の相撲人気を支えているのは、横綱白鵬のおかげとも言えます。

彼が引退した後は、今のような盛り上がりが期待できるのか不安が残ります。

なぜなら、「安定した強さ」を発揮してくれる力士が少ないためです。

かつては「憎たらしいほど強い」とまで言わしめた大横綱大鵬がいました。

また「ウルフ」の愛称で親しまれた元千代の富士、現・九重親方も小柄な体格ながらも力強い投技を得意とし人気を博していました。

若貴時代と言われた相撲ブームのときも、技のデパートと呼ばれるほど豊富な技術で観客を魅了した舞の海がいました。

現在のところ、日本人力たちの成績が良く、大相撲も盛り上がりを見せていますが、果たして平成の大横綱と呼ばれるほどの横綱白鵬が引退してしまったら、角界をけん引していける人材はいるのでしょうか。

もちろん、力士たちを代表するような人材は必ず現れるでしょうが、番付は低くとも観客を惹きつけるような魅力を持った力士の存在が時代を経るごとに少なくなっているような気がするのです。

大相撲の国際化は実現したものの…

角界も一昔前に比べると、かなり柔軟になり今や国際色豊かになりました。

モンゴルをはじめ、中国や韓国、ロシアやジョージア、さらにはリトアニアからも力士が誕生する時代となっています。

一相撲ファンとしては、国際化による個性の多様化に期待していたのですが、良くも悪くも「ジャパナイゼーション」されてしまうようで、今のところ角界の人材確保以上の意味を見出だせていません。

今後は相撲界のグローバリズムも進んでいくことでしょう、その中で魅力的な個性を持った力士の誕生に期待したいところです。

COMMENT