お年玉の年齢別の相場の金額は? いくらあげればいい分からない方へ

トラベル・イベント

プライベートなお話に少しお付き合いを…。私は3姉妹の末っ子。

29歳を過ぎ、今は故郷を離れ、東京でこういう記事を書いて生計を立てています。

年末年始など関係なく締め切りはやってくるので、実家でも原稿を書いていると、「帰ってきた時くらい仕事はやめなさい!」とか「お前…結婚せんのか」という両親の全く聞きたくもないお小言を聞くのがわかっていても私が実家に帰るのは、玄関を開けた途端猛ダッシュして私のひざにしがみついてくる甥っ子と姪っ子に会うため。

そして、毎年思うのです。「う~ん、可愛いのう」と。
そして「お年玉って幾らあげればいいのだろう?」と。

前置きが長くなったのですが【お年玉の相場】などあれこれ述べていきたいと思います。

【お年玉】は何歳まで貰う?何歳からあげる?

例えば芸能界の世界では、事務所の先輩が20歳をとっくに過ぎた後輩にお年玉をあげるという風習があり、例えばジャニーズ事務所の年明けカウントダウンに出てしまったら、後輩全員にお年玉をあげないといけないので先輩のギャラなんてぶっ飛んでしまう…という話をよくを聞きます。

そういう特殊な業界ではない限り、成人のお祝いも含めて多めに貰ったのを最後にその翌年から貰わなくなる…。

高校を卒業して働くようになったから、貰わなくなった。

ある年から親戚が集まらなくなったのを機に両親以外からは貰わなくなった…というのが一般的の様です。

お正月に実家に帰った時「これ、少ないけど…」と持たされるのを「お年玉」とするかどうかは判断が分かれるところですが

ちなみにあげるのは、0歳児の赤ちゃんにあげても問題はない様です。
(もちろん赤ちゃんにお金の価値は分からないので、ご両親に一言添えて)

お金ではなく、お菓子や洋服、玩具という実物であげている方も多いようですが、もともとお年玉は「お餅」だったので、物であげても問題ないようです。

【お年玉】の相場…の前に!

さて、そんなお年玉。あげる前に注意しないといけないことが幾つかあります。

「上司の子供に渡すな」は間違い!?

お年玉は本来目上の人から、目下の人にあげるもの。

ですから上司のお宅に新年の挨拶に行っても、その子供さん達にあげるのは失礼にあたる…というのが「本来のマナー」です。

でも、その「本来のマナー」を上司の方が知らない…という事もありえます。

「○○のおじさん、僕にお年玉くれなかったー」という風になるとちょっと困りますよね。

「本来のマナー」と外れるかもしれませんが、人間関係を保つ事も大事…悩む所ですね。

できた上司の方なら、子供たちに「お客さんにちゃんと挨拶しなさい」と言ったあとは、子供たちがお年玉をねだる間もなく「お前たちは席を外しなさい」と、ぴしゃりと言うものですが…あなたの上司の方はいかがでしょう?

ただ最近は、年始の挨拶に後輩が上司のお家を訪れるというのもめったにない…あ、それは私だけなのか(笑)

喪中の際にお年玉を渡してもいいの?

故人を「しのぶ」という事ももちろん大事ですが、お年玉は子供にとって年に一度の楽しみでもあります。

それをなくしてしまうというのも「しのびない」ですよね。

お金を渡すことは問題ないのですが、お年玉袋の「表書き」を「お年玉」ではなく「文具代」や「お小遣い」に変えて渡す方がよいとされています。

簡単!【お年玉の相場】の覚え方

さて、いよいよ謎解きの時間、お年玉の相場についてですが…。

まずは、一般的な相場の前に、親戚間であれば、お年玉の額について話し合う事も可能かと思いますので、できれば相談しておいたほうがいいでしょう。

普段あげているお小遣いと、あまり差があり過ぎても問題ですしね。そうやって「親戚間の相場」は決まっていくのだと思います。

この記事を書くにあたって一般的な「お年玉の相場」を調べてみたのですが、【年齢×500円】(※0歳児は500円)を一つの目安にするとか、毎年上がるのではなく、0歳~保育園は1000円。幼稚園~小学校低学年までは3000円。小学校高学年~中学校まで5000円。

中学校~高校まで5000円~10000円の間。という様に学年である程度の上限が決まった【相場】が一般的に言われている額の様です。

また、新札で渡す。裸で渡さないというのは最低限のマナーであることは多くの方がご存知かと思うのですが、お年玉を渡す時は必ず「親」がいる時に渡すというのが一般的なマナーの様です。

まとめ

最初に言ったように私は「3姉妹の一番下」でした。

その為、2歳差の姉とはいつも微妙にお年玉の金額が低めに渡されていたのですが、それを子供の頃は「何で?」と思っていたものです。

でも、いざ渡す時になったら、私も微妙に差をつけているから不思議です。

さて「おばちゃーん、お年玉ー」と言って、まとわりつく甥っ子に渡しすぎないようにしないとな。お姉ちゃん、怒るからな(笑)

COMMENT