山本太郎議員の主張、どこかズレたものを感じさせる

政治

安全保障関連法案が強行採決されました。

これを受けて各地でさまざまな抗議が行なわれていますが、日刊スポーツ紙による報道で山本太郎議員が喪服を着用し「自民党が死んだ日」と紙を掲げて抗議を行なったそうです。

原発に関する主張を聞いたときも「どこかズレている」と思いましたが、今回の抗議もズレているなと感じさせるものとなりました。

自由民主党の本来の党議は「改憲」

自民党の歴史を紐解いてみると、もともと現在の憲法について異論を持つグループを中心に結成された政党であることはすぐに分かることです。

そのため今回の安全保障関連法案が議会に提出されたときも、たいした驚きはありませんでした。

むしろ民主主義を否定するような強引なやり方に対しての反感が多かったのです。

今回の強行採決は、時間の問題に過ぎなかったでしょう。

掲げるならば「民主主義が死んだ日」

これまでも自民党は強引な採決を行なうことがあり、その度に国民の反感を買っていました。

その不満が積もり積もって政権交代となりましたが、それで明らかになったのは「自民党以外の政党には政権運営能力が無い」という事実です。

不満を持ちつつもどうにか自民党に頑張ってもらうしかない状況になっているのは、山本太郎議員のように、どこかズレた抗議ばかりをする議員が多いせいではないかと思うようになりました。

日刊スポーツ紙のインタビューに対して「永田町では民主主義が根付いていない」と批判したそうですが、そのコメントこそ紙に書いて抗議すべきものです。

「強行採決の結果、民主主義が死んだ」と。

自民党は死んでいません、むしろ党議を通すために一貫した行動をしているとも受け取れます。

国会議員は国民の代表とは良く言ったもの

国会議員は私たち国民の投票によって選ばれます。

選挙の結果を見ると「本当に国民の代表なのだろうか」と思うときもありますが、全体を見渡してみると確かに私達を代表しているものだと思わされます。

今回、強引な採決に踏み切ったのも、日本を取り巻く国際情勢を見れば理解できるものですし、強行採決を行なうような政権には政治を任せたくないと思うのも分かります。

また、ときには山本太郎議員のように少々的を外したような発言をするのも、視点の一つとして重要だと考えます。

自分だけでは気づかない発想を生み出してくれるかもしれないからです。

じゃあ民主党は強行採決しなかったんだよね?

82_2

図を見てもらえば分かりますが、民主党も強行採決をしています。

なんと自民党よりも多いのです。

それなのに自民党の強行採決を大々的に批判しているのですから驚きです。

日本が民主主義を貫くために必要なこと

国際的に見たときに日本は議論が苦手だという意見を目にすることがあります。

また日本の民主主義は押し付けられたものであって、自発的なものでないとう意見もときおり見かけることがあります。

しかし果たしてそれは本当でしょうか? 私たちの歴史を振り返ってみれば、戦国時代などで農民一揆がありました。

これは一つの民主主義の形ではないでしょうか、同じ境遇にある似たような考えの人間が集まり、声を大きくする。

このプロセスが民主主義の土壌であって、次に必要なのは平和的に解決できるバランサーのような役割の人間ではないかと思うのです。

このように考えると、今後、日本が民主主義を貫いていくためには「意見の調整役」の育成が必要ではないかと思うのです。

官僚の中にそのようなことが得意な人材はいるでしょうが、政治家にも必要ではないかと感じられます。

そのためには教育が重要なポイントになってきます。

今の義務教育などで、そのような人材育成ができるのか、期待したいところです。

COMMENT