節分の由来とは? 鬼の衣装の作り方について

トラベル・イベント

別の記事でも書いたかもしれませんが、私の生まれた家は日本の伝統行事をちゃんとする家でした。

「○月○日には、○○を食べる」「○月○日には、○○をする」

という事はキッチリとする家だったのです。

そんな家で、一番忙しいのが【2月3日】の節分。

この日は「行事ごと」の宝庫なのです。

私の出身は関西なので、今みたいに「恵方巻き」が全国的に普及する前から。

「丸かぶり寿司」を食べていたし、年の数だけ豆を食べていました。
(毎年毎年、食べる数がキツくなっていく…)

もちろん、父は豆巻きのためにちゃんと鬼の衣装を着ていました。

そんな【節分】のあれこれについて述べていきたいと思います。

「節分」の由来。「節分」は2月3日だけじゃない?

「節分」というのは、「季節を分ける」という意味であり、元々は、春夏秋冬が始まる日で、「立春」・「立夏」・「立秋」・「立冬」の前日の事をいっていたんです。

つまり年に4回あったんですね。

江戸時代以降は特に「節分」と言えば「立春」の前日である「2月3日」の事を指すようになったと言われています。

ちなみに厳密に言うと立春は太陽黄経が315度となる日である為、その関係上「節分」は、常に2月3日という事ではありません。何年に一度かは2月2日や4日になったりするのですが、ここでは便宜上2月3日を節分としています。

では、その「節分」の2月3日になぜ「鬼」がやってくると言われているのかというと、この2月3日は春が来る前の日で寒さも特に厳しくなる。

また、こういう季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための行事として豆まきが行われていたのです。

「鬼」…豆で倒せる?

昔から豆は栄養値が高い食べ物であり、また成長をする「豆」は生命力の源であるとも信じられてきました。

それはまぁいいとして皆さん、子供の頃考えたことありませんか?

「鬼…豆で倒せるの?」って(笑)
(そんな事を言いだしたら「桃太郎」でも鬼を犬、猿、雉の力を借りた位で鬼を倒せるものでもないと思うのですが)

まめは、【魔目】という事で、鬼の目に豆をぶつけて追い払った…という言い伝えなのです。

ではなぜ「炒った豆」をまくのかというと、節分は「厄災を払う」為にまくものなので、「厄」を背負った豆から新しい芽が出ては不都合なのだという事なのです。

鬼の衣装、作る?買う??

さて、そんないわれのある「豆まき」ですが、最近は豆まきに使う「鬼の衣装」も、大手通販サイトやドンキホーテさんなどでで売られる様になってきました。

大体3,000円~5000円も出せば、ツノつきのカツラ、赤(青)全身タイツ、虎柄のパンツ、こん棒のフルセットが揃います。

私が子供の頃は、当然完全手作りでした。(しかも材料費は、ほぼタダ)

お面やこん棒は新聞紙で、鬼のパンツはお父さんがはく前の白のブリーフに色を塗ったり…。

今から考えると、これから襲ってくる「鬼」が着るものを襲われる子供たちが楽しそうに作っているというのも変な話で、その鬼をやるのが「お父さん」であるというのが分かっていてもいいというのも変な話なのですが。

2月3日、こんなこともするって知ってる?

炒った豆をまき、恵方に向いて太巻き寿司を食べる2月3日ですが、古くからの風習では柊の小枝と焼いた鰯の頭を魔よけとして門口に挿すという風習があり、今でもそれを行っている地域や家もあります。

また、地域によっては豆は豆でも落花生をまく、なんて地域もあるのです。

落花生は、大豆よりも掃除が楽だし、地面にまかれても、また食べれる。ということなのですが。

こういう事を書くと「え?それが当たり前じゃないの??」と思う方もおられるかもしれませんね。

日本の風習の多様性を示す事例でもあるといえるでしょう。

COMMENT