花粉症対策に効果のある食べ物、逆に悪化させてしまう食べ物はこれだ!

トラベル・イベント

もうすぐ、私にとって一年のうちで一番嫌な季節がやってきます。

めちゃくちゃ寒かったり、暑かったりするのは別にいいんです。

家にはエアコンがありますね。でも、この【花粉症】ってやつはやっかいです。

マスク&めがねで完全武装しても通り抜けてきますからね。

私はこの花粉症の季節になると、「目の玉をパカって取り外して洗ってまた戻す事ってできないかなー」って、本気で思ったりします。

くしゃみをしたせいで、車のブレーキを踏むのが遅れて危うく事故になりそうな時もありました。

そんなやっかいな花粉症対策について食べ物という観点からあれこれ書いていきたいと思います。

花粉症のしくみ

花粉症のメカニズムについて簡単に説明させて頂きます。

  • スギやヒノキに代表される「花粉」という異物(アレルゲン)が私たちの身体に入ってくるとまず、私たちの体はそれを受け入れるか、とり除くかどうかを考えます。
  • 「とり除く」と判断する。
  • 私たちの体は花粉に対抗するための「抗体」をつくります。
  • 抗体ができる。
  • その後再び花粉が体内に入ると、鼻や目の粘膜にある肥満細胞の表面にある抗体と結合します。
  • その結果、肥満細胞から化学物質(ヒスタミンなど)が分泌されて、花粉をくしゃみや涙という手段を使って、できる限り体の外に放出しようとします。

これが花粉症の仕組みです。

花粉症と食べ物

花粉症の対策に忘れてはならないのが食事です。

花粉症に効果のある薬を飲むみたいに即効性が期待されるわけではなのだけど、食事によって体質を改善していくことで、花粉症の症状を緩和させていく事だってできると言われています。

逆に、健康にとってはいいけれど、花粉症の症状を場合によっては悪化させしまう食べ物もあるとも言われています。

花粉症を悪化させる(恐れのある)食べ物はこれだ!

それ自体は栄養価も高くて、健康にもいいのですが、生で食べると花粉症の症状を悪化させてしまう食べ物が下記になります。

トマト、ほうれん草、なす・タケノコ

これって、健康にもいい野菜の代表格なのですが、これらの食物は上で述べた「ヒスタミン」を多く含んでいるので、花粉症の人にとってはあまりよくない食べ物なんです。

また、そのほとんどを海外からの輸入に頼っている【小麦】には海外からの輸送に耐える為に、人体に影響の無い範囲で「殺虫剤や防腐剤」が使用されています。

ただ、アレルギー反応に過敏な反応を示す人にとっては、それらに使用されている化学物質がアレルゲン(花粉)と結び付きますとアレルギー反応は促進されてしまう事もあると言われています。

また、これは花粉症だけではないのですが、トランス脂肪酸を多く含む、インスタント食品やファーストフードもあまりよくないですし、免疫機能に悪影響を与える喫煙も避けたほうがよいでしょう。

花粉症に効果のある食べ物はこれだ!

「この食べ物が悪い」というだけでは、不安を煽るだけですよね。

「この食べ物は、花粉症に効果がある」と言われている食べ物をいくつかご紹介しましょう。

ヨーグルト

ヨーグルトは、花粉症の原因となる「IgE抗体」の活動を抑える作用があると言われていて、アレルギー反応にも有効とされています。

レンコン

レンコンの黒ずみや黒い斑点は、ポリフェノールの一種「カテキン」が含まれていて、アレルギー症状を起こす抗体の血中濃度が下がったという研究報告が埼玉医科大学からされています。

玉ねぎ

玉ねぎには、ポリフェノールの一種である「ケルセチン」を多く含んでいて、花粉症の改善に効果が期待できるとされています。

他にも、バナナ、わさび、ふき、などが花粉症に効果があると言われています。

いかがでしたでしょうか、重ねて言いますが食事による花粉症対策は、即効性はありません。

ただ、食事によって体質を毎日少しずつ改善させていく事は、決して無駄ではないですので、取り組まれてはいかがかと思います。

COMMENT