結婚式のご祝儀にいくら包めばいい? 祝儀の相場を関係別で解説!

トラベル・イベント

違う記事にも書きましたが、先日結婚式の招待状が届きました。

差出人のYちゃんは、小中高同じ学校で、親友で、しかも親同士が兄弟というつまり従兄弟の関係にあたる間柄。これは、絶対に断れません。

いや、別にいやいや行くわけではないんです。

「で…あんたはいつ結婚するの?」という話を、母親だけではなく、親戚一同から聞くことが…ね。

さて、結婚式に出席する時私は迷うことがあります。それは、「ご祝儀を幾ら包めばいいの?」という事です。

あげるばかりで一向に回収できない、この結婚式のご祝儀の金額について【関係別】で書いていきたいと思います。

ご祝儀の意味

幾らあげたらいいの?という前に、そもそもこの【ご祝儀】の意味を…。

これは、何より大切なのは「贈る気持ち」「お祝いする気持ち」であることは言うまでもありません。

また、「ご祝儀」は結婚式の参加費でもありません。

いくら○○の有名ホテルで式を挙げ、お料理に幾らかかっているから…ということは本来はご祝儀の金額に関係しない…はずなのです。

「はず」なのですが…ね。

以下に述べている相場は、あくまで目安です。

親しいグループ同士で金額に差が出てはまずいので「横並び」の金額にするという人も多いことでしょうから、その辺りは相談されてはと思います。

遠方で開く結婚式のご祝儀の相場

新郎新婦とどういう関係である時に幾ら「ご祝儀」を包むか?という事について述べる前に最近増えてきた、「海外での結婚式」の場合について述べたいと思います。

海外で式を挙げる場合のご祝儀は?

この際、まず確認する時は、「旅費・宿泊費の費用は新郎新婦もち」なのか、「ゲストもち」なのか?という事です。

「海外で式を挙げる」って言っている限りは【旅費宿泊費は勿論、飛行機やホテルはどこどこにとってあります…】

という手配関係も全部済ましてくれるんでしょうね?と思うのは危険です。

まず、海外ウエディングにお呼ばれした際は、

  • 新郎新婦が交通・宿泊費を全額負担
  • 新郎新婦が旅費の一部を負担
  • 交通費・宿泊費は全額ゲストが負担

この三点を予め確認しましょう。

③の場合、ご祝儀は(通常)要りません。

自費で結婚式に参加していること自体で十分にお祝いする気持ちは示していますので。

と、言うより、新郎新婦側から「ご祝儀は辞退します」という旨の連絡があるはずです。

その上で、それでも何かしたいということであれば、お金ではなく1万円前後のプレゼントを贈ればいいと思います。

①の場合は、国内の場合と同じ様にご祝儀を渡すのがマナーです。

新郎新婦さんの経済事情を考えて多少色をつけてもいいでしょう。

ただ、治安のよい日本の場合と違い、ご祝儀は現地で渡すより、帰国後に改めて渡したほうがよいです。

②の場合が難しいので、参加された方と相談されてはいかがでしょう。

「海外ウエディング」という事で書いてきましたが、日本で式を開く場合でも遠方からゲストを招待する時は、新郎新婦側が「お車代」を用意する事が一般的ですが、ゲスト側も通常の相場のご祝儀を支払うのが一般的です。

関係別ご祝儀の相場

身内以外のご祝儀の相場は、一般的に3万円が相場となっています。

披露宴でいただく料理の単価がだいたい1~2万円。引き出物を入れると3万円が相場です。

これに自分の年齢、相手との付き合いの深さなどで上下します。
(新社会人や大学生は1万円、親友の結婚式だから5万円…という形)

親戚関係は、一律に金額を贈るのではなく、自分の年齢や普段からの付き合いの深さで決めるのがポイントですが、一般的には下記のとおりです。

新郎新婦との関係 金額
兄弟姉妹 5万円~
夫婦で出席の場合は夫婦で10万円~
成人していない場合は0円~
親族 3万円~
夫婦で出席の場合は5万円~

ただ、これも親戚間の取り決めをしている場合が多く、金額的な負担が問題なければそれに従ったほうがよいでしょう。

ご祝儀の常識

その他、ご祝儀の常識について述べると…。

  • 新札で渡す
  • 偶数でも問題はない
    「割り切れる」ので縁起が悪いとされていましたが、2は「2人1組」8は「末広がり」なのでよいとも言われてます。
  • 「4」と「9」はNG
    「4=死」「9=苦しみ」なので、ダメです。

まとめ

と、まあこんな記事を書いている私ですが、実際Yちゃんの結婚式の時は悩みました。

最初に書いた様に、Yちゃんと私は親戚同士。親戚同士での取り決めで、結婚式の時のご祝儀の金額は決まってるけど、親戚というより、親友という関係の方が当人同士はしっくりくる。

結婚式が開かれる場所は、東京住まいの私にとっては「遠方」だけど、そこはYちゃんと旦那さんの地元でもあるが、私にとっても地元。

こちらとしてはお車代を期待してはいけないし、Yちゃんは「東京から来てくれるんだから」とお車代を用意して…。と、悩んだのです。

ただ、最初にも書いた様に一番大事なのは「祝う気持ち」だと思うのです。ご参考になればと思います。

COMMENT